ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

容疑者Xの献身

「面白い」(福山の声色で)

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2009-03-18)
売り上げランキング: 24
おすすめ度の平均: 4.0
4 なかなか傑作
3 堤真一主演と考えるならば
4 堤真一の石神がちょっとカッコ良すぎ?
4 三者三様の慟哭に見応え
5 映画化大成功

東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒットTVシリーズ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。
冴えない人生を送る天才数学者が無償の愛に衝き動かされて仕組んだ究極のトリックに、天才物理学者・湯川学が挑むスリリングな頭脳戦を、ドラマ版のテイストを残しつつも原作の持つ人間ドラマに重きを置いた丁寧な筆致で描いてゆく。
出演は福山雅治、柴咲コウらオリジナルキャストに加え、事件の容疑者・花岡靖子役で松雪泰子、天才数学者・石神哲哉役で堤真一が登場。
 
ある日、貝塚北警察署管轄内で男性の死体が発見される。顔は潰され、指も焼かれて指紋が消されていたものの、ほどなく身元は判明した。
捜査には本庁も出動し、貝塚北署の刑事・内海は先輩の草薙と共に、被害者の別れた妻・花岡靖子へ聞き込みに向かう。
しかし、容疑者と目された彼女には完璧なアリバイがあった。
いきなり壁にぶつかった2人は、さっそく“ガリレオ”こと湯川学に相談を持ちかける。
そこで偶然にも、靖子のアパートの隣に住む冴えない男・石神哲哉が、湯川の学生時代の無二の親友だったことが判明する。
現在は高校のしがない数学教師をしている石神だったが、彼は湯川が“僕の知る限り、本物の天才”と評するほどの頭脳の持ち主だった。
やがて、湯川は石神がこの事件に深く関わっているのではと疑念を抱き始めるが…。
(~allcinema)

失礼ながらテレビ局のくだらないドラマのスペシャル映画版だと思って鑑賞しました。
ドラマは見てなかったし大丈夫かなと思いつつキャラクターに全く思い入れのない状態でミステリー物としてちゃんと楽しめました。
というかドラマのレギュラー組でなく、堤真一や松雪泰子が良かったのかもねw

タイトルですでにわかりやすそうな展開も二転三転する深みがあって、劇中のキーワードのテスト問題の作り方"幾何にみせかけて~"みたいな面白いミステリーの作り方のセオリーをみたような印象。

■容疑者Xの献身■ (2008)

オキニイリ度

 映画 監督

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  容疑者Xの献身
  • 東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作
  • 2009.03.22 (Sun) 08:25 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  •  容疑者Xの献身
  •   原作は東野圭吾の小説。 本の方はすでに読んでいるので ストーリーは分かっています。 どういう風に映画化されているのか 見届けたくて観に行きました。   石神が堤真一が演じる? それを知ったときは、 あれっ、ちょっと石神のイメージと、 違っているのではない...
  • 2009.03.22 (Sun) 10:59 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  •  容疑者Xの献身
  • 2008年度 日本作品 128分 東宝配給STAFF監督:西谷弘脚本:福田靖原作:東野圭吾『容疑者Xの献身』CAST福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一 ダンカン 真矢みき かつてファンクラブにも入ってたほど、福山ファンです(*´ェ`*)ポッでもドラマのガリレオ
  • 2009.03.22 (Sun) 16:47 | pure\'s movie review
この記事へのトラックバック
  •  「容疑者Xの献身」
  • その謎を、愛そう。 天才物理学者・湯川教授が 生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、 娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。 ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。 離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、 どこへ引っ
  • 2009.03.22 (Sun) 20:54 | KASHIWA一市民
この記事へのトラックバック
  •  献 ~「容疑者Xの献身」~
  • 西谷弘監督作品、福山雅治主演の、 映画 「容疑者Xの献身」を観た。 東野圭吾の同名小説を映画化。(原作批評はこちら) その謎を、愛そう。 感想。 ?泰子が靖子。(何) ?高校の数学って、あんなに難しいの?!(驚) ?石神先生は鉛筆派なのか。 見所。 ?
  • 2009.03.22 (Sun) 21:24 | サナダ虫 ~解体中~
この記事へのトラックバック
  •  「容疑者Xの献身」西谷弘監督
  • 最初からわかっていたこと。 泣いた。やっぱり泣けた。 自主的で献身的な‘愛’に・・・静かに泣いた。 人が人を想う気持ちの計り知れぬ重さに‘感動’するのである。 ほんと・・・ 石神が堤さんでよかった。 花岡靖子が松雪さんでよかった。 二人があまりにも素...
  • 2009.03.26 (Thu) 14:50 | 雑板屋
この記事へのトラックバック
  •  『容疑者Xの献身』’08・日
  • あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...
  • 2009.09.22 (Tue) 08:41 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ