FC2ブログ

ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

フラガール

常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を映画化!
去年の夏休みに福島に旅行に行って2日目に家族でスパリゾートハワイアンズ行きましたが、そのときはこんな映画を作るとは知りませんでした。
ただ、既にメモリアル展示室みたいのがあって、黄金のバスタブとか(W)見つつ、歴史アリということを感じておりましたが。

フラガール(スマイルBEST) [DVD]
ハピネット (2008-02-08)
売り上げランキング: 4932
おすすめ度の平均: 4.5
3 ポータブルDVDによる車内レビュー
4 ほのぼの
5 冒頭の徳永えりに引き込まれます
5 これがアカデミー賞受賞作品だ。
5 生きていかなくちゃーなんねっぺょー

昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。
そんな町を救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。
盆踊りしか知らないような炭鉱娘にフラダンスを教えるため、東京からダンス教師が呼び寄せられた。
元SKD花形ダンサーで気位の高いその女性は、最初は炭鉱や素人の炭鉱娘たちを馬鹿にするが、やがて少女たちのひたむきな熱意に、忘れかけていた情熱を再燃させる。
ひとりひとり厳しい現実を抱えながらも、炭鉱娘たちは友情を支えに強く美しくフラダンスの真髄を体の中に染み込ませていく。そして――。

僕は栃木なんだけど共通する方言に親近感をおぼえつつ本当に笑って泣いて楽しめた!
「デレスケ」は僕ら世代はほとんど使わないけど、映画の幹である師弟愛友愛のキーワードにもなってて笑ったし心に残ったし。

テレビドラマの弁護士のくずと同時期の撮影だったためトヨエツのヘアスタイルが妙だったなぁ。
やや細かいエピソードを詰め込みすぎているきらいがあるけど、それもちゃんとそれぞれホロリとさせる丁寧な仕上げだと思うし、まずまず。

蒼井優はそうとう頑張ったでしょう、コレ。演技もダンスも素晴らしかったですね。
当初、コメディ映画としかイメージしてなかったので、ちゃんと深みのある映画になってて良かったです。
具体的には、リトル・ダンサーとか遠い空の向こうにと似たテーマの映画(過去の記事はコチラ)と比較しても遜色ないのではないでしょうか!
アカデミー賞ノミネートも伊達じゃない作品。本選も健闘を祈りたいけどなぁ。

フラダンスって手話なのは知らなかったので勉強になりますた。

■フラガール■ (2006)

オススメ度

オフィシャルサイト
http://www.hula-girl.jp/

 映画

Comment

李美  

観に行ったんですね!
私コレ観たいんですよーあと『イルマーレ』とか。
蒼井優本当に可愛いですよね♪私も始めコメディかと思ったんですが、TVで紹介されてる時観たら意外とそうでもなくて絶対に観に行きたいです!!!!
てかmottiさんて栃木出身なんですね!茨城かと思った…(勘違い)

2006/09/26 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |  

motti  

李美さん>
もちろんコメディタッチではありますけどね。
蒼井優さんは良かったですよ~!
こないだ見たALWAYSの堀北真希さんといい、訛ってる女の子に弱いオッサンってどんだけだョ!?

2006/09/27 (Wed) 12:58 | EDIT | REPLY |  

なぎさ  

mottiさんはここへ行かれたのですねぇ~。
トヨエツの髪型の謎はTVドラマと重なってたためですか~なるほど言われてみれば妙なヘアスタイルだったです(´qp`*)
蒼井優ちゃんってこんなに演技が巧いとは思ってませんでした。
役者ですねぇ彼女!
きっとスゴイ女優さんになると思います。
「デレスケ」というのは、ちょっとからかって言う「バカ」みたいなニュアンスですか?
語尾に付ける「くんちぇ~」が気に入りました!

2006/09/28 (Thu) 14:38 | EDIT | REPLY |  

motti  

なぎささん>
そうなんですよ!去年行きました!たしかカマボコみたいな建物のエントランスは当時のままだったような感じがしますが。
デレスケはそんな感じの意味でしょうね。
なぎささんも邦画で今年1番とか?
ぼくもお気に入りです!コレ。

2006/09/29 (Fri) 10:47 | EDIT | REPLY |  

kemukemu  

はじめまして。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「フラガール」もとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

2006/10/20 (Fri) 19:33 | EDIT | REPLY |  

kimion20002000  

TBありがとう。
日本でのフラ人口は50万人らしいけど、この映画のおかげで、相当、底辺が拡大するんじゃないかしらね。
若い人が、多く習ってみようとおもうでしょう。

2006/11/10 (Fri) 01:39 | EDIT | REPLY |  

motti  

kimion20002000さん>
フラダンス!そういえば少し前から流行ってましたね!今思うとソコに目をつけてこの映画の企画が持ち上がったというイヤらしい構図を思い浮かべるとなんだかなぁ...なんて思ったですよ!

2006/11/10 (Fri) 11:44 | EDIT | REPLY |  

晃弘  

こんにちは(^_^)
フラガール面白かったですね!
うちの近所の映画館は少し遅い公開で、昨日見てきました☆

蒼井優の福島弁もうまかったし、しずちゃんのキャラもうまく生かされていた感じかありました。
これって実話をもとにした映画なんですよね。
平山まどかという人の努力にも、感心させられました。

2006/11/25 (Sat) 10:01 | EDIT | REPLY |  

motti  

晃弘さん>
この映画、ロングランですね。
今年の各種映画賞もとるでしょうね。

あと、またスパリゾート行きたくなりました♪

2006/11/27 (Mon) 15:58 | EDIT | REPLY |  

latifa  

mottiさん、栃木と方言で通じる処があったんですね。
私も北海道人なのですけれど、「めんこい」とか、ちょこちょこ同じ方言がありました。

トヨエツの頭は、そうか~あのドラマを撮影していたのとかぶっていたからなんですね。

私は見た時は気がつかなかったのだけれど、後から「リトルダンサー」のパクリとか一部で騒がれているのを知ったんです。確かにそういえば、似てますね。最後の方でママさんが子供のために組合を敵に回すところとか、踊っている処を覗き見して気持ちが変わるところとか。でも、鈍感な私は、全然気がつかずに見てしまいました。

2007/03/17 (Sat) 19:44 | EDIT | REPLY |  

motti  

latifaさん>
リトルダンサーのパクリとまで言う人もいるのですか?
そこまでではないにしろ、
炭鉱→閉山の哀愁映画としては共通するテーマですもんね。
いえいえ、オリジナルとして邦画独自の良さが冴えてましたよね。

2007/03/20 (Tue) 11:42 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『フラガール』・試写会
  • 今日は某インターネットポータルサイトで当選した 『フラガール』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
  • 2006.09.26 (Tue) 14:09 | しましまシネマライフ!
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
  • 2006.09.26 (Tue) 15:26 | Akira's VOICE
この記事へのトラックバック
  •  06-43 フラガール
  • 鑑賞日 9月26日感 想 蒼井優萌え!松雪泰子萌え!豊川悦司萌え!岸部一徳萌え!しずちゃんには萌えんなぁ(笑)。松雪さんや蒼井さんは本当に一生懸命フラダンスを練習したんだろうなぁ、感動しました!しかしフラダンスって凄いなぁ、カッコいい…
  • 2006.09.26 (Tue) 17:27 | 奇跡の人の映画部屋
この記事へのトラックバック
  •  フラガール・・・・・評価額1700円
  • 今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
  • 2006.09.26 (Tue) 20:20 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  フラガール(評価:☆)
  • 【監督】李相日【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他【公開日】2006/9.23【製作】日本【ストーリー】昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
  • 2006.09.26 (Tue) 22:24 | シネマをぶった斬りっ!!
この記事へのトラックバック
  •  『フラガール』
  • 人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。 ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、藤純子、岸部一徳、高橋克美□オ
  • 2006.09.27 (Wed) 08:46 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  •  『フラガール』鑑賞!
  • 『フラガール』鑑賞レビュー!感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ!フラ、踊っぺ!人生には降りられない舞台がある…。常磐ハワイアンセンター★(現・スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話まちのため、家族のため、友のためそして自分の人生のために少女
  • 2006.09.27 (Wed) 15:33 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • でかい・・・しずちゃん。
  • 2006.09.28 (Thu) 00:30 | ネタバレ映画館
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 今年、私の観た中で第1位に輝きました!良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ!脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ!特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。とにかく蒼井優ちゃん、巧すぎるぅ
  • 2006.09.28 (Thu) 14:39 | UkiUkiれいんぼーデイ
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったというのもあるん
  • 2006.09.29 (Fri) 19:08 | 欧風
この記事へのトラックバック
  •  【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl)
  • 昭和40年東京から来たカリスマダンサー集められた炭鉱の娘たち北国を常夏の楽園に!!40年の時を越え語られる奇蹟の実話。人生には降りられない舞台がある―――まちのため、家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女....
  • 2006.09.29 (Fri) 19:52 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
この記事へのトラックバック
  •  【劇場映画】 フラガール
  • ≪ストーリー≫昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンスのショー。早
  • 2006.09.29 (Fri) 21:51 | ナマケモノの穴
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆
  • フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!!なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあって、松雪...
  • 2006.09.30 (Sat) 09:29 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
この記事へのトラックバック
  •  「フラガール」
  • 間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを育てるため
  • 2006.09.30 (Sat) 19:55 | やまたくの音吐朗々Diary
この記事へのトラックバック
  •  フラガール(映画館)
  • 未来をあきらめない製作年:2006年製作国:日本監 督:李相日出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分[感想]フラガールたちのひたむきさに泣けた。久しぶりに映画みて泣けた。全然期待せずにいったらヤラれた!!って感じだったわよ。こん
  • 2006.10.01 (Sun) 14:59 | ひるめし。
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • フラダンス ダンスが済んでも 踊ろうよ  もちろん、常磐ハワイアンセンターの成立物語は凄い重要だと思います。これまでの、日本が推し進めてきた産業、資源である黒いダイヤモンドなる石炭に関わる仕事にいらっしゃる人にとって、リストラあり、新たな事業の勃興あり、
  • 2006.10.03 (Tue) 12:33 | 空想俳人日記
この記事へのトラックバック
  •  「フラガール」人生の決断のとき、どうせなら笑って
  • 「フラガール」★★★★オススメ松雪泰子、蒼井優 主演李相日 監督、2006年炭鉱の町に持ち上がったハワイアンセンターの建設それは新しい希望だった。松雪さんは彼女の持つ硬質な感じが役と良く合っていて、初めてこんな生き生きと演じている...
  • 2006.10.04 (Wed) 20:38 | soramove
この記事へのトラックバック
  •  フラガール 
  • フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ?監督:李相日音楽:ジェイク・シマブクロ出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 富司純子公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が誕生するま
  • 2006.10.06 (Fri) 10:37 | シュフのきまぐれシネマ
この記事へのトラックバック
  •  ★「フラガール」
  • ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・時間の都合で邦画の「フラガール」。予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
  • 2006.10.10 (Tue) 04:38 | ひらりん的映画ブログ
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 観てきました。<池袋シネ・リーブル>監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島ハワイをイメージ
  • 2006.10.23 (Mon) 22:33 | お萌えば遠くに来たもんだ!
この記事へのトラックバック
  •  フラガール 06年205本目
  • フラガール2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、今年見た中...
  • 2006.10.24 (Tue) 01:50 | 猫姫じゃ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画【フラガール】
  • 福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと思う。夏休みで、その日は「ピンクレディー
  • 2006.10.29 (Sun) 11:18 | ぱんどら日記
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  •  観る予定はありませんでしたが、評判がとてもよさそうなので観ることにしました。  舞台は40年前の炭坑の街磐城。斜陽の街で雇用を確保しをなん
  • 2006.11.03 (Fri) 21:29 | シネクリシェ
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人がこの作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。私の周りではかなり評判がいいこの作品。「絶対泣きますよ!」「映画館で観て下
  • 2006.11.04 (Sat) 07:31 | 映画、言いたい放題!
この記事へのトラックバック
  •  NO.177「フラガール」(日本/李相日監督)
  • 邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい!僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を踏んだら
  • 2006.11.08 (Wed) 04:18 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  •  映画「フラガール」
  • 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想され
  • 2006.11.11 (Sat) 20:04 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
この記事へのトラックバック
  •  フラガール 2006-64
  • 「フラガール」を観てきました~♪昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、本格的なフラダ
  • 2006.11.24 (Fri) 07:09 | 観たよ~ん~
この記事へのトラックバック
  •  フラガール(9月23日公開)
  • 2ヶ月前の公開ながら,近所の映画館では最近,上映が始まったため,ようやく見に行ってきた昭和40年の福島県いわき市.男たちは炭坑夫として石炭を掘り,女たちは彼らを支えながら,暮らしていった.そこへ,エネルギー源が石炭から石油に変わろうとしていて,石炭会社...
  • 2006.11.25 (Sat) 11:20 | オレメデア
この記事へのトラックバック
  •  映画『フラガール』に涙する♪♪
  • 『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の2000人が...
  • 2006.12.05 (Tue) 21:15 | ラスタ・パスタのレレ日記
この記事へのトラックバック
  •  フラガール-(映画:2007年25本目)-
  • 監督:李相日出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子評価:96点公式サイト先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。蒼井優は助演女優賞を受賞。評判どおりの素晴らしい映画だった。しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい泣き....
  • 2007.02.27 (Tue) 23:45 | デコ親父はいつも減量中
この記事へのトラックバック
  •  「フラガール」感想と、ジェイク・シマブクロ
  • 面白かったです4つ☆。劇場公開時、映画館に見に行こうか、どうしようかな?って、とても悩んだのです・・・。と言うのも、いつも参考にさせて頂いているサイト超映画評論さんで、「かなりお涙頂戴が露骨だ。それは韓国
  • 2007.03.17 (Sat) 10:06 | ポコアポコヤ 映画倉庫
この記事へのトラックバック
  •  フラガール <ネタバレあり>
  • 昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何でま..
  • 2007.06.16 (Sat) 04:35 | HAPPYMANIA
この記事へのトラックバック
  •  フラガール&ベノワ
  • フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満足だったしベノワは今も受け入れる事は出来ず悲しいが謹んでご冥
  • 2007.06.27 (Wed) 18:44 | 別館ヒガシ日記
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのショ
  • 2007.07.01 (Sun) 09:58 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 2006年製作の日本映画。『子ぎつねヘレン』の松雪泰子主演によるドラマ。昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱を抱えた街を救うべく催される一大プロジェクト。その目玉となるフラダンスショーのために呼ばれた女ダンサーは、ド素人の炭鉱娘たちに嫌々ながらフラダンスを教えるが…。「
  • 2007.08.13 (Mon) 17:05 | シネマ通知表
この記事へのトラックバック
  •  『フラガール』\'06・日
  • あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...
  • 2007.10.10 (Wed) 22:29 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • フラガール メモリアルBOX 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実、...
  • 2007.12.03 (Mon) 17:53 | ひめの映画おぼえがき
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  • 2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなく...
  • 2008.02.13 (Wed) 18:19 | mama
この記事へのトラックバック
  •  フラガール
  •  『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡...
  • 2009.03.09 (Mon) 20:17 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡