ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

一命

コレが"ハラキリ"だ!....とカンヌで上映してキタw

一命 スタンダード・エディション [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2012-04-13)
売り上げランキング: 2930

なかなかおもしろかったです!
ストーリーはメロドラマ基調。
その仕返し的に大暴れなチャンバラ。
じつにオーソドックスですがw

市川海老蔵さんは歌舞伎調の演技というかセリフの強弱のつけかたとか少し聴きづらい感じもする。
昔のチャンバラ映画の俳優ぽいね。
しかしソコがまたよかった!
あの眼力とか"ミフネ"みたいな存在感があったゎ。
赤ちゃんのロウ人形(つくりものだよね?)がなかなか怖いゾ!

(allcinema解説)
傑作の呼び声高い小林正樹監督の62年作品「切腹」の原作である滝口康彦の『異聞浪人記』を、「十三人の刺客」の三池崇史監督で完全再映画化。体面を重んじる武家社会の掟を前に、命を賭して人間としての義を問う一人の浪人の衝撃の運命を、最新の3D撮影システムによる臨場感溢れる映像と共に、緊張感みなぎる演出で描き出していく。主演は、これが時代劇映画初出演となる歌舞伎俳優の市川海老蔵。共演に役所広司、瑛太、満島ひかり。 
17世紀。戦国の世が終わり、天下太平の江戸時代初頭。しかし一方では、幕府による理不尽な御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人があふれていた。巷では、そんな浪人たちが裕福な大名屋敷に押しかけ、“切腹のために庭先を拝借”と願い出て、困惑する屋敷の者から金銭を巻き上げる“狂言切腹”が横行していた。ある日、名門・井伊家の前にも切腹を願い出る浪人が現われた。男の名は津雲半四郎。対応する当主の家老・斎藤勘解由は、数ヶ月前にも同じようにして訪ねてきた千々岩求女という若浪人がいたことを告げ、その狂言切腹の惨めにして壮絶な顛末を語り始めるのだったが…。



■一命■ (2011)

オキニイリ度

Comment

Add your comment