ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

世にも奇妙な人体実験の歴史/トレヴァー・ノートン

現在考えればマッド・サイエンティストでも当時は大マジメ!

世にも奇妙な人体実験の歴史
トレヴァー・ノートン
文藝春秋
売り上げランキング: 1251

あやしい三面記事的な感じを期待して読んでみた。
いやはや、マジなわけですよコレは!
今日の医学の進歩のためにはかつて繰り返された「人体実験」なくしてはありえないのですな。

ユーモアたっぷりの文章なんだけど翻訳の段階でちょっとスベリ気味なデーブ・スぺクターみたい。
内容は医学的な部分が多いけれどおもしろい読みモノであった♪

(amazon解説)
性病、コレラ、寄生虫……人類の危機を救った偉大な科学者たちは、己の身を犠牲にして、果敢すぎる人体実験に挑んでいた!
自身も科学者である著者は、自らの理論を信じて自分の肉体で危険な実験を行い、今日の安全な医療や便利な乗り物の礎を築いた科学者たちのエピソードを、ユーモアたっぷりに紹介します。
解剖学の祖である十八世紀の医師ジョン・ハンターは、淋病患者の膿を自分の性器に塗りつけて淋病と梅毒の感染経路を検証しました。十九世紀の医師ウィリアム・マレルは、ニトログリセリンを舐めて昏倒しそうになりますが、血管拡張剤に似た効果があると直感。自己投与を続けて、狭心症の治療薬として確立するもとになりました。二十世紀、ジャック・ホールデンは潜水方法を確立するために自ら加圧室で急激な加圧・減圧の実験を繰り返し、鼓膜は破れ、歯の詰め物が爆発したといいます。
その他にも放射能、麻酔薬、コレラ、ペストなどの危険性の解明に、自らの肉体で挑んだマッド・サイエンティストたちの奇想天外な物語が満載。その勇気と無茶さに抱腹絶倒するうち、彼らの真の科学精神に目を開かされる好著です。

■世にも奇妙な人体実験の歴史/トレヴァー・ノートン ■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment