ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

アベンジャーズ

バカみたいにオールスター大感謝祭的な映画。

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-12-19)
売り上げランキング: 175

ちなみに全部予習して見たわけだけど、マイティ・ソーがストーリーの流れとしては直接の繋がりが多いね。
それぞれのヒーローの活躍度は分散させてるようだけどアイアンマンがいいところ取りかね?

アクションがおもしろかったけど中身は大味だよね。
わかってはいたけどねw

ド派手にカネかけた「東映まんが祭り」的な企画ものだから、そういうふうにコッチもバカになって楽しんでやればいいんじゃないのw

「日本よ、コレが映画だっ!」ってのは語弊があって、
「日本よ、コレがお祭り映画だっ!」ってのがエエね。

エンドロール前に続編への予告があります。
で、エンドロール後にもサービスカットがw
やっぱりなぁ。

(allcinema解説)
アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。出演はこれまでに単独で映画化された「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」でそれぞれタイトル・ロールを演じたロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワースに加え、スカーレット・ヨハンソンが「アイアンマン2」に続いてブラック・ウィドウを、さらにハルク役のマーク・ラファロとホークアイ役のジェレミー・レナーが新登場。またサミュエル・L・ジャクソンもアベンジャーズのまとめ役となるニック・フューリーとして再び登場。地球最大の危機に集められたスーパー・ヒーローたちが、互いの意地とプライドから反発と衝突を繰り返しながらも最強チーム“アベンジャーズ”として戦いに臨む姿を、ユーモアを織り交ぜつつ迫力のアクション満載で描き出す。監督は「セレニティー」、TV「バフィー~恋する十字架~」のジョス・ウェドン。
国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ”を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてトニー・スターク(アイアンマン)、スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)、ブルース・バナー(ハルク)、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいし、フューリーから“アベンジャーズ計画”への協力を求められるのだったが…。



■アベンジャーズ■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  アベンジャーズ((2D字幕版)
  • 『みたか、これが《ザ・アメリカ》、《ザ・ハリウッド》』という作品。 これだけアメコミヒーローが揃うと、もうそれだけで《お腹一杯》。 それぞれにキャラが際立っているので、
  • 2012.09.06 (Thu) 08:32 | KATHURA WEST・・・クロノスの微笑み