ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

キツツキと雨

映画の仕事の夢をみせてもらった。

キツツキと雨 通常版 [DVD]
角川書店 (2012-07-20)
売り上げランキング: 20115

田舎モンの一般の映画好き(僕も含めて)ならこういうシチュエーションは憧れる。
役所さん演じる木こりの岸もそういう夢をみさせてもらったんじゃないかと思う。
ただ、劇中映画はコメディっぽくするためとはいえクオリティの低そうな「ゾンビ映画」なのはちょっと...。
ゾンビモノ自体、僕は好きなのでバカにしすぎな感じもうけるけどなぁ。
この監督さんの作風としてはホノボノ路線。
とても楽しめました♪

(allcinema解説)
「南極料理人」が評判を呼んだ期待の新鋭、沖田修一監督が贈るハートフル・ヒューマン・コメディ。小さな山村を舞台に、無骨な木こりと気弱な新人監督が映画の撮影を通じて可笑しくも微笑ましい心の交流を繰り広げるさまをハートウォーミングに綴る。主演は「十三人の刺客」の役所広司と「岳 -ガク-」の小栗旬、共演に高良健吾、臼田あさ美、山崎努。
人里離れた山あいの村。木こりの岸克彦は3年前に妻を亡くし、いまは一人息子の浩一と2人暮らし。浩一は定職にも就かずふらふらしてばかりで、克彦にはそれが情けなく不満でならない。そんなある日、克彦はゾンビ映画の撮影にやって来た新人監督の青年・田辺幸一と出会い、ひょんな成り行きから撮影の手伝いをするハメに。ところが気弱な幸一はスタッフをまるでまとめられず、現場はどんどん混乱し険悪な状態に陥ってしまうのだったが…。



■キツツキと雨■ (2011)

オキニイリ度

Comment

Add your comment