ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

苦役列車

劣等感について

苦役列車(通常版) [DVD]
苦役列車(通常版) [DVD]
posted with amazlet at 13.02.03
キングレコード (2013-01-11)
売り上げランキング: 5,135

原作も読みまして(以前の記事)中卒で日雇い人夫で社会の底辺でもがく若者が小説家デビューする話が作者自身にかさなり感銘をうけたものでした。
森山未來さんはいい役者ですよね。
イケメンで売ってるわけでもないし(失礼)
ピッタリでした。

AKB卒業後に女優として前田敦子ちゃんは行けそうですね。
たとえば宮沢りえさんも脱アイドルで今や「女優」として重要なポジションになっているし、そういう長い目で見ていったらいいと思う。
文芸作品である本作はその本気で女優をやっていく仕切り直しとなるでしょうね。

(allcinema解説)
第144回芥川賞を受賞しその放埒な言動とともに作者自身のユニークなキャラクターも話題となった私小説作家・西村賢太の同名ベストセラーを、「モテキ」の森山未來主演、「リアリズムの宿」「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督で映画化した青春ドラマ。社会の底辺に生きる不器用な青年の恋と友情を巡る屈折した青春模様を赤裸々かつほろ苦いタッチで綴る。共演は高良健吾、前田敦子。
1986年。日雇いの肉体労働でその日暮らしの生活を送る19歳の青年、北町貫多。稼いだお金も家賃より先にお酒と風俗に消えてしまう自堕落の日々。そんなある時、職場で新入りの専門学生、日下部正二と知り合い意気投合、初めて他人と友達らしい付き合いをするようになる。やがて貫多は日下部に協力してもらい、秘かに想いを寄せる古本屋の女性、桜井康子とも友達になることに成功、思いがけず人並みの青春を謳歌し始めるのだったが…。



■苦役列車■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment