ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

やっぱり...実話かぁ。

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2012-07-20)
売り上げランキング: 57,302

こういうバカ息子は困ったもんですな。

二世とかはろくでもない。
日本でも政治家でもタレントでも二世って良いイメージないよなぁ。
...とあらためて再認識した。

この映画の場合一世もアレですけども(^ ^;)

(allcinema解説)
イラクの元大統領サダム・フセインの長男にして権力を笠に数々の蛮行を繰り返し、国内外に悪名をとどろかせた男ウダイ・フセイン。本作は、彼に似ていたばかりに影武者をさせらることになった青年ラティフ・ヤヒアが体験した衝撃の実話を映画化した実録ドラマ。「マンマ・ミーア!」「17歳の肖像」のドミニク・クーパーが対照的な内面を持つ2人の男をみごとに演じ分けて高い評価を受けた。監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」「NEXT -ネクスト-」のリー・タマホリ。
家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年ラティフ・ヤヒア。しかしある日、狂気のプリンスと恐れられたウダイから自分の影武者になることを命じられる。家族を人質に取られたラティフに選択の余地はなかった。こうして彼は、ウダイの想像を絶する狂気の日常を目の当たりにしていくことになるのだが…。



■デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-■ (2011)

オキニイリ度

Comment

Add your comment