ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ジャッジ・ドレッド

にっちもさっちもどうにもロボコップ!

ジャッジ・ドレッド [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2013-06-26)
売り上げランキング: 6,578

スタローン版(95年)は見たような?観ないような?
これね...。
95年なら許せるんだけど「終末戦争後」っていうのはそ世紀末じゃないと気分的にもりあがらないんですよね?

ただ「スローモー」なる麻薬による感覚が映像表現されるんだけどおもしろいと思った。
本筋とあまり関係なくて結局ストーリー上は意味がないんだけども(^ ^;)

スタイリッシュに撮ろうと思って撮って見せてくれる感じは買う。

(allcinema解説)
 95年にはシルヴェスター・スタローン主演で映画化された英国発の人気コミック・ヒーローを、脚本に「ザ・ビーチ」「わたしを離さないで」のアレックス・ガーランドを迎え、より原作に忠実に再映画化したSFバイオレンス・アクション。荒廃した近未来を舞台に、警察と司法の機能を融合させた司法官“ジャッジ”のトップエリート、ドレッドが、新人女性ジャッジを従え、悪名高き女ギャングが牛耳る超高層ビルへと乗り込み、無数の敵を相手に壮絶な死闘を繰り広げる姿をクールかつスタイリッシュなヴィジュアルと過激な残酷描写を織り交ぜ描き出す。主演は「スター・トレック」「プリースト」のカール・アーバン、共演にオリヴィア・サールビー、レナ・ヘディ。監督は「バンテージ・ポイント」のピート・トラヴィス。
 核戦争で荒廃した近未来のアメリカ。東海岸一帯に広がる唯一の都市メガシティ・ワンは、超高層ビル郡の中に多くの住民がひしめき、犯罪が多発していた。そんな崩壊寸前の街の治安を守るのが、警察機能と司法を兼ね備え、逮捕から判決、刑の執行までをも一手に引き受けるエリート司法官“ジャッジ”たちだった。その中でも圧倒的な戦闘能力と不屈の意志でトップに君臨するジャッジがドレッドだった。ある日、新米女性ジャッジ、アンダーソンの適性判断を任されたドレッドは、彼女を試験代わりに殺人事件現場へと連れ出す。そこは、冷酷非情な女ギャング“ママ”とその一味が支配し、200階建てアパートメントの各フロアに無数の犯罪者であふれる究極の無法地帯だった。



■ジャッジ・ドレッド■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment