ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

声をかくす人

流行りの「リンカーン映画」の暗部顛末

声をかくす人 [DVD]
声をかくす人 [DVD]
posted with amazlet at 13.05.24
アミューズソフトエンタテインメント (2013-04-03)
売り上げランキング: 6,938


たとえばイーストウッド監督作は毎回注目され高く評価されていますが、同じく役者兼業であるR・レッドフォード監督はC・イーストウッド監督に引けをたらないほど演出家、映画作家として志が高く優れていると思います。
自らの祖国であるアメリカの歴史を探究する姿勢がすばらしい。
聖君リンカーン暗殺に関わったなどという大罪人を見せしめにするなんて当時の国民にたいして恰好のマインドコントロールだったことでしょう。

(allcinema解説)
ロバート・レッドフォードが監督を務め、リンカーン大統領の暗殺に関わったとしてアメリカで女性として初めて死刑に処せられたメアリー・サラットの史実を基に、その裁判の過程をできるだけ忠実に再現して描き出した法廷ドラマ。一貫して無実を主張しながら何かを守って沈黙を続けるサラットの姿と、予断と偏見の中で感情的な報復へと突き進む世論に抗い、真実と法の正義を求めて孤高の戦いを繰り広げる弁護士フレデリックの葛藤と奮闘を綴る。主演はロビン・ライトとジェームズ・マカヴォイ、共演にトム・ウィルキンソン、ケヴィン・クライン、エヴァン・レイチェル・ウッド。
南北戦争の終結間もない1865年。リンカーン大統領が南軍の残党によって暗殺される。主犯のジョン・ウィルクス・ブースは逃亡中に射殺され、さらに7人の男と1人の女が共犯として逮捕される。女の名前はメアリー・サラット。下宿屋を営みながら2人の子どもを育てる未亡人だった。元北軍大尉のフレデリック・エイキンは、元司法長官のジョンソン上院議員から彼女の弁護を頼まれる。犯人への憎しみを抱きながらも、渋々弁護を引き受けたフレデリックだったが、被告が民間人にもかかわらず、一般の法廷ではなく軍法会議にかけられることに違和感を覚える。そんな中、毅然と無罪を主張しながらも、それ以外のことは黙して語らないメアリーに戸惑うフレデリック。しかし、審理が進むにつれ彼女の無実を確信、弁護に力が入る。するとフレデリックへの風当たりも強くなり、いつしか四面楚歌の状況に追い込まれるが…。



■声をかくす人■ (2011)

オキニイリ度

Comment

Add your comment