ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

人生の特等席

パソコンは使えない(ウチのオヤジみたいw)

人生の特等席 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-04-10)
売り上げランキング: 1,125




監督でなく俳優イーストウッドを観る
毎度おなじみの偏屈親父役である。憎めない(;´Д`)

肝心の野球のシーンに本物っぽさがないのは致命的なんだけどブラピの『マネーボール』よりも好き。
吹き替えで見たんだけど...すでにテレ東の「午後のロードショー」で見てる感覚で見たゎ(;´Д`)

なぜかパンチョ伊藤を思い起こした。いえ、なんとなく。

(allcinema解説)
クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老スカウトマンとそのサポートに押しかけた一人娘が、旅を続ける中で少しずつ互いのわだかまりと向き合い、親子の絆を再確認していく姿をしみじみとした筆致で描き出す。共演はエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン。監督は長年イーストウッド作品に製作や助監督として携わり、本作で記念すべき長編監督デビューを飾ったロバート・ロレンツ。
数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル。しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、ガスのような昔気質のスカウトマンはすっかり時代遅れに。視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も延長は望み薄。そんな中、ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスのもとに、弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた一人娘のミッキーがやって来る。すっかり疎遠になっていた2人は、久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。そんな2人の前に、かつてガスに見出され、引退した現在では新米スカウトマンとして再出発を図るジョニーが姿を現わすが…。



■人生の特等席■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment