ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルパー~

ぁ、!コレ、HONDAのロボット(違)



あまり爺さんに同調できないところが少し期待はずれ。
もっと哀れな老人なのかと思ってたらイーストウッドが演じるようなチョイ悪な爺さんだった(;´Д`)
だとしても痛快さがいまひとつかなぁ。
全く唐突な例えですけども..「ロッキー」なんかパンチドランカーかなんか知らないけどオツムが弱い感じのシーンに少し泣けるんだけど、本作にはそういう部分が感じられない。
弱者が頑張る(ロッキーは強いからやっぱ例えがおかしいな)感動の映画と思って見るとガッカリするが、ユーモラスな感じは良い感じでしたよ。
思ってたのと違っただけで、まぁ先入観通りでも意外性がないですからアレですけども(;´Д`)

(allcinema解説)
近未来を舞台に、偏屈老人とその介護用超高性能ロボットが泥棒コンビを結成するユニークな設定で評判を呼んだSFコメディ。元泥棒の偏屈じいさんが、息子から介護用にとあてがわれた超高性能ロボットを相棒に、再び泥棒家業に復帰したことで生きる意欲を取り戻していく姿をユーモラスに綴る。主演は「フロスト×ニクソン」のフランク・ランジェラ、共演にスーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、リヴ・タイラー。監督は本作が長編デビューとなるジェイク・シュライアー。
70歳を迎え、物忘れが激しくなってきた元宝石泥棒のフランク。ある日、一人暮らしをしている父を心配した息子が、人型の超高性能介護用ロボットを置いていく。フランクにとってははた迷惑な贈り物でしかなかったものの、家事や健康管理を完璧にこなすロボットのおかげで彼の体調はみるみる改善。そしてそんなロボットには、雇い主の趣味や生きがいをサポートするというプログラムも組み込まれていた。やがて、そのプログラムにつけ込み、ロボットをある泥棒の計画に巻き込んでいくフランクだったが…。



■素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルパー~■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment