ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ウォーム・ボディーズ

究極超人あ~る




ゾンビなんかすでに「コメディ」だと思ってたけどまさか「ラブコメ」とは思わなんだ(;´Д`)
しかも絶望的展開になるゾンビパニックにも歴史的新展開(?)
なんと「治る」というオチは特筆すべきだな!
内容は相当ユルいけどゾンビ派生亜種としても見逃せない1本じゃろ!

映画「アバウト・ア・ボーイ」に子役として出演し話題になったゾンビで主演のニコラス・ホルトくんはすでにイケメン俳優として大人気なんだとか。
キャストで"持たせている"映画では あ~る

(allcinema解説)
「マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生」「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン監督が人気YA小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』を映画化し、全米で予想を超えるスマッシュ・ヒットとなった青春ゾンビ・ラブコメディ。人間の女の子に恋した純情ゾンビ青年の一途で不器用な禁断の恋の行方を、ユーモラスかつハートウォーミングに綴る。主演は「シングルマン」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。ヒロインには「明日、君がいない」「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・パーマー。共演にロブ・コードリー、ジョン・マルコヴィッチ。
近未来の地球。街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていた。ゾンビの中には完全に感情や思考能力を失い、ひたすら獰猛な“ガイコツ”と呼ばれる種族も跋扈していたが、Rは、今はまだわずかに人間らしい意識を残すゾンビの青年。ある日、仲間のゾンビと食料を求めて人間狩りに出向いたRは、物資調達に来ていた人間たちを発見するが、思いがけず一人の女の子ジュリーに一目惚れしてしまう。そして、ゾンビに囲まれ絶体絶命の彼女を助けるという行動に出る。最初はRに恐怖しか感じていなかったジュリーだったが、彼のつたないながらも純粋な優しさに触れ、次第に心を開いていく。そんなジュリーとの交流を重ねる中で、ある変化が生じていくRだが…。



■ウォーム・ボディーズ■ (2013)

オキニイリ度

Comment

Add your comment