ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

軍艦島入門 / 黒沢 永紀

廃墟ファン、憧れの島

軍艦島入門
軍艦島入門
posted with amazlet at 13.10.25
黒沢 永紀 オープロジェクト
実業之日本社
売り上げランキング: 70,329


三菱が作り上げた炭鉱の島。
世界最高の人口密度だった島。
閉山後、無人のまま数十年が経過した島。
廃墟と化した今、観光上陸できるようになって人気が爆発している島。
2年後の世界遺産登録をにらみ、軍艦島は、いまさらなる注目を浴びている。

単なる廃墟ファンとしては映像なども見たことがありました。
文字で読むといいですね。写真で見るといいですね。
軍艦島の歴史について詳しく触れてあり、石炭の種別、近隣の炭坑などについても書かれており、朝鮮人強制労働についても触れている。
なかなか資料性の高い内容であります。

(amazon解説)
誕生の秘密から「軍艦」化した理由、絶頂期を経て廃墟となった現在まで、軍艦島の全貌が一気にわかる待望の書!
2013年、SONYのアクションカムを搭載したラジコンヘリが空撮した動画が公開され、ほどなくGoogleのストリートビューが公開された。

これまではノスタルジックな、あるいは「廃墟」を全面的に押し出した写真集しかなく、「軍艦島ってどんな島?」と思ったときに手軽に読める本がなかった。
本書は島の成り立ちから石炭業としての発展、全盛期の様子、そして閉山後までを、創業当時の写真や図版をふんだんに使い、時に元住民の話をまじえながら解説する。
行ったことがある人も、これから…と憧れている人も、軍艦島の存在した意義を深く感じることができる、写真も美しい解説本。

■軍艦島入門 / 黒沢 永紀■ (2013)

オキニイリ度

Comment

Add your comment