ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

水を抱く / 石田衣良

雰囲気だけな印象なんですよ..

水を抱く
水を抱く
posted with amazlet at 13.11.27
石田 衣良
新潮社
売り上げランキング: 82,613


石田衣良さんの本はなんだかんだと読んでいる。
べつに「すばらしい!」と思ったことない。
それよりも何だか物足りない感じさえする。
いつも、毎度毎度、なんか雰囲気だけで、どうも...感動するに至らないような気がする。
でもなんか不完全な、一味足らないようなことを書いてるのはなんか毎度毎度...気になるのである。
例えばこういうのを映画とかにすると思いがけない情景が視覚効果を発揮していい感じになったり?
足らない隙間を読み手が埋めるような部分を残してくれてるのか...。
僕みたいな凡人にはありがた迷惑でもあるか(;´Д`)

(amazon解説)
性に溺れて生きるしかない女と、ともに溺れる覚悟をきめた男。白昼の路上、夜の渋谷、新宿のクラブ、バーのテーブルの下で。剥き出しの欲望を振りかざし、凶暴なまでの快楽を貪る年上の女・ナギ。彼女にふれて、ぼくは全てを変えられた。その女をしばる過去が何であれ、構わない。真っ暗な性の闇に堕ちてもなお、ナギとつながりたい―。


■水を抱く / 石田衣良■ (2013)

オキニイリ度

Comment

Add your comment