ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

政と源 / 三浦しをん

なんだか...

政と源
政と源
posted with amazlet at 13.11.27
三浦 しをん
集英社
売り上げランキング: 8,279

有川浩さんの「三匹のおっさん」を思い起こした(;´Д`)
そもそも僕よりも若い女性の作家さんがオッサンにロマンを馳せて書いてくれるだけで実に興味深いのだが、なんか底が浅いよねw

本物のオッサンがおもうのだから間違いなしw

(amazon解説)
東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするが―。弟子の徹平と賑やかに暮らす源。妻子と別居しひとり寂しく暮らす国政。ソリが合わないはずなのに、なぜか良いコンビ。そんなふたりが巻き起こす、ハチャメチャで痛快だけど、どこか心温まる人情譚!

■政と源 / 三浦しをん■ (2013)

オキニイリ度

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「政と源」三浦しをん
  • 簪職人の源二郎と元銀行員の国政は、ふたり合わせて146歳の幼なじみ。弟子の徹平と賑やかな生活をおくる源二郎と、男やもめの国政を中心にまき起こる、人情味豊かで心温まる事件の数々。 下町を舞台に繰り広げられる人情物語。三浦しをん、新境地! 東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼な...
  • 2014.05.27 (Tue) 14:07 | 粋な提案