ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

きみはいい子 / 中脇初枝

気に入ったけど去年の本なので本年度ベストに入れません。惜しい(;´Д`)

きみはいい子 (一般書)
中脇 初枝
ポプラ社
売り上げランキング: 17,542



すばらしい本でした(;´Д`)
虐待で育つとやはり荒んだ家庭になるのかなとかまた虐待をくりかえすのかなとか、単純にセオリー通りなバックグラウンドだけど。
案外そうだろうな、とかなるほど。なんて信憑性のある語り口。
なんとなく描き込まないで短編になっているところ、ややリンクした部分が連作として心地よいことが気に入ったポイント。

気に入ったけど去年の本なので本年度ベストに入れません。惜しい(;´Д`)
ていうかそろそろまとめとかないと!本年度BESTを...

(amazon解説)
ある雨の日の夕方、ある同じ町を舞台に、誰かのたったひとことや、ほんの少しの思いやりが生むかもしれない光を描き出した連作短篇集。
夕方五時までは帰ってくるなと言われ、雨の日も校庭にたたずむ生徒と新任教師との心のふれあいを描く「サンタさんの来ない家」をはじめ、娘に手を上げてしまう母親とママ友との物語、ひとり暮らしが長くなった老女と、家を訪ねてきたある男の子との物語など、胸を打つ作品を五篇収録。
人間の優しさとその優しさが生む光が、どれほど尊くかけがえのないものかをあらためて感じさせる感動作。

■きみはいい子 / 中脇初枝■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment