ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

嘆きのピエタ

この感じ...久々に帰ってキタ(゚∀゚)!

嘆きのピエタ [DVD]
嘆きのピエタ [DVD]
posted with amazlet at 14.01.27
キングレコード (2014-01-08)
売り上げランキング: 14,216


キム・ギドク監督の持ち味は寓話性であって「なんじゃコリャ」的な内容でも押し切る面白さがある。
初期の北野武監督映画の感じがまだ続いている。
本作も久々だったけどあの感じである。
あのパーマはいいなとか思いながら鑑賞した...(^_^;)

(allcinema解説)
2012年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したサスペンス・ドラマ。監督は「サマリア」「うつせみ」のキム・ギドク、主演はテレビドラマ「ピアノ」のチョ・ミンスと「マルチュク青春通り」のイ・ジョンジン。十字架から降ろされたイエス・キリストを抱く聖母マリア像であり、慈悲深き母の愛の象徴でもある“ピエタ”をモチーフに、心を失った男とその母を名乗る女の姿を描く。
生まれてすぐに親に捨てられ天涯孤独に生きてきたイ・ガンドは、法外な利息を払えない債務者に重傷を負わせ、その保険金で借金を返済させる取り立て屋をしている。そんなガンドの目の前に、母親を名乗るミソンという女が現れた。ミソンの話を信じられず、彼女を邪険に扱うガンド。しかし彼女は電話で子守歌を歌い、捨てたことをしきりに謝り、ガンドに対し無償の愛を注ぎ続ける。だがガンドが心を開こうとした矢先、姿を消したミソンから助けを求める電話がかかってきた。



■嘆きのピエタ■ (2012)

オキニイリ度

Comment

Add your comment