ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

地獄でなぜ悪い

「愛のむきだし」を超えた!

地獄でなぜ悪い コレクターズエディション [DVD]
キングレコード (2014-03-12)
売り上げランキング: 476




劇中劇に「映画賛歌」がふくまれるなら手放しに「よかった♪コレ」てな評価をしたくなると思う。
下品なタランティーノみたいな園子温監督ならますますそう言いたくなる。
観る前からそういいたくなるほど(;´Д`)
でも、今回は覚めた目でみました。
まず脚本が20年前の「映画熱」に侵された「アツさ」が見えてショボい。アオくさいというか。いまさら的な(´Д`;)
そのチープさがコメディとなってるだろ?とか言い訳がましい逃げである。
一応、「愛のむきだし」あたりは超えてるかもです。

僕の中では「冷たい熱帯魚」が最高傑作です。

もっと良いの撮って欲しいです。
今後とも期待してます。

(allcinema解説)
「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の園子温監督が20年前に手がけたオリジナル脚本を基に、自らの自主映画時代の経験を盛り込みつつ、ヤクザの世界を舞台に贈る衝撃の血まみれ任侠アクション活劇。突然、自分の娘と組員を使った自主映画の製作に乗り出したヤクザの組長と、そのトンデモ・プロジェクトに巻き込まれた平凡な青年の運命を描く。出演は國村隼、堤真一、長谷川博己、星野源。
 ヤクザの組長・武藤は、獄中にいる最愛の妻・しずえの夢を叶えようと躍起になっていた。それは娘のミツコを主演に映画を製作するというもの。しかし、肝心のミツコは男と逃亡してしまい、映画が出来ないまま、いよいよしずえの出所まで残り数日となってしまう。そこで武藤は、手下のヤクザたちを使って自主映画を作ることを決断する。そして何とかミツコの身柄を確保し、映画監督だという駆け落ち相手の橋本公次に、完成させないと殺すと脅して映画を撮影するよう命じる。ところがこの公次、実は映画監督でもなければミツコの恋人でもないただの通りすがりの男だった。それでも監督として映画を完成させなければ彼の命はない。そんな絶体絶命の中で出会ったのが、自主映画集団“ファック・ボンバーズ”を率いる永遠の映画青年、平田。一世一代の映画を撮りたいと夢見てきた平田は、ここぞとばかりにミツコに執着する敵対ヤクザ組織の組長・池上まで巻き込み、ホンモノのヤクザ抗争を舞台にした前代未聞のヤクザ映画の撮影を開始してしまうのだが…。



■地獄でなぜ悪い■ (2013)

オキニイリ度

Comment

Add your comment