ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

2つ目の窓

実写版「ポムじい」さん登場するよ!

2windows



河瀬直美監督はメジャーで自由に映画を撮って許される稀有な存在。
それが弊害になるような気もしますが、ちゃんと本作は青春映画っぽい体裁も保っておりました。
とはいえ観る人を選ぶ作風で一般にはこの芸術は受け入れられにくいかもしれません。
僕は意外に好きです。
画面に映る映像の端々を見てるだけでも目をみはる演出力を感じます。
そういうところを観る映画なんですね。
聞いたところによりますと台本はあったけど全く違うものが完成したそうな....w
ストーリーは河瀬監督の場合は重要ではありません(;´Д`)
いや、それでも本作はちゃんとしてる方だと思いますが...

(allcinema解説)
「萌の朱雀」「殯(もがり)の森」の河瀬直美監督が、奄美大島を舞台に、一組の少年少女の初恋と心の成長を描いたドラマ。美しい自然と神が息づく島の文化を背景に、思春期の男女が生と死について一生懸命に考え、悩みながら大人への階段を一つずつ上っていく姿を静かに見つめる。主演はこれがデビューの村上虹郎と「リアル鬼ごっこ2」の吉永淳、共演に松田美由紀、杉本哲太、渡辺真起子。
美しい海と深い森に抱かれた神の島、奄美大島。ある夜、高校生の界人は、海岸で背中に刺青をした男の死体を発見し、その場から走り去る。翌日、それを見ていた同級生の杏子から問いかけられるが、界人は何も答えることができない。界人の両親は彼が幼い頃に離婚していて、界人は母・岬と2人暮らし。しかし、岬にはいつも男の影がまとわりついていて、界人はそのことが我慢ならなかった。一方、杏子は仲の良い両親と3人暮らし。しかし、ユタ神様として島の人々に慕われる母のイサは病に倒れ、死を迎えようとしていた。それぞれに厳しい現実に直面し、簡単には受け止められずに葛藤する界人と杏子だったが…。



■2つ目の窓■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment