ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

キャロリング / 有川浩

毒のない有川テイスト?

キャロリング
キャロリング
posted with amazlet at 14.12.12
有川 浩
幻冬舎
売り上げランキング: 2,400




ドラマ化もしてる(見てませんが)原作。
有川浩さんのものにしては冒頭にハードな展開のシーンが挿入されるのでビックリ(;゚Д゚)!
しかし読んでいくとやはり軽妙な感じ。
悪者もなんとなくマヌケだし人情味もある。
やっぱり毒のない感じで安心して読むようなテイストですな。

(Amazon解説)
クリスマスにもたらされるささやかな奇跡の連鎖―。有川浩が贈るハートフル・クリスマス。
大和俊介が務める小規模 子供服メーカー『エンジェル・メーカー』は経営不振のため、12月25日で「クリスマス倒産」することとなった。
エンジェル・メーカーは学童保育もしており、殆どの子供は別の所へと移っていったが、ただ1人田所航平だけは最後の日まで世話になることになっていた。航平の両親は別居しており、航平はキャリアウーマンである母親の圭子と共に年明けには海外に行くことが決まっていたのだ。両親に離婚して欲しくない航平は何とかして両親を仲直りさせるべく、大和の同僚の折原柊子と共に父親の祐二の居る横浜へと向かう。

■キャロリング / 有川浩■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment