ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

プリデスティネーション

大好物なタイプの映画

350843_02_01_02.jpg





よくもまたこの手の映画(;´Д`)
ネタの宝庫でもあるけれどタイムパラドックスものはパズルのピースが埋まる爽快感が楽しいのでどんなB級映画でも好き。
まさにコレもそんな映画なんだけど主人公の人生があまりにも数奇でありそれを追っていくだけでもおもしろい(*゚▽゚*)
てことは本作、かなり面白い部類!

(allcinema解説)
「デイブレイカー」のスピエリッグ兄弟が再びイーサン・ホークを主演に迎え、SFの巨匠ロバート・A・ハインラインの短編『輪廻の蛇』を映画化したタイムパラドックス・サスペンス。共演はオーストラリア期待の若手女優セーラ・スヌーク。
1970年11月6日、ニューヨーク。場末のバーに現われた青年ジョンは、バーテンダーの男に自らの数奇な身の上を語って聞かせる。青年の告白に同情したバーテンダーは、あることを条件に、彼に復讐のチャンスを与えると提案、2人で7年前へとタイムスリップする。なんと、バーテンダーは未来から来た時空警察のエージェントだったのだ。彼は1970年のニューヨークで市民を震撼させている連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行阻止を最後のミッションと決め、引退する自分の後釜にジョンを据えようとしていたのだが…。



■プリデスティネーション■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment