ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

チャッピー

どういう「テンション」!?
 
chappy.jpg




「第9地区」「エリジウム」の監督作。
おもしろい監督なのでチェックしときたいと思って鑑賞。
斬新さは薄れて既視感ある感じになってきたけどこの監督ならではの面白みは健在。
人工知能がギャンググループに育てられることでギャングスタイルになっちゃうのは笑うところ。
ボスの女がママと呼ばれてチャッピーに対して母性を覚えたり、あ、髪型もおもしろい。床屋なのでそういうところも注目。

近年のコンピューター事情を鑑みると人工知能のSFモノは絵空事ではなくなってきてるかもしれないね。

(allcinema解説)
「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、警察の戦闘用に開発されたAI(人工知能)搭載の学習型ロボット“チャッピー”を主人公に描く近未来ハード・バイオレンスSFアクション。ひょんなことからギャングに育てられることになったチャッピーの“成長”の行方と、様々な人間の欲望と思惑に翻弄される彼を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。「第9地区」のシャールト・コプリーがチャッピーのパフォーマンス・キャプチャーと声を担当。共演にデヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー。
2016年。南アフリカの犯罪多発都市、ヨハネスブルグ。ディオンは警察用ロボットを開発する軍事企業テトラバール社に勤める才能溢れるエンジニア。彼は世界初となるAI搭載の戦闘用ロボットの製造を会社に提案するが、却下されてしまう。そこで、会社には内緒で独自にAIロボットを製作するが、あろうことかギャングに誘拐されてしまう。ギャングたちは、“チャッピー”と名付けたそのロボットに強盗を手伝わせようと目論んでいた。そんなギャングたちが与える知識を、スポンジが水を吸うように吸収し、急速に成長し始めるチャッピー。そんな中、ディオンの同僚で彼に激しい敵意を抱くヴィンセントがチャッピーの存在に気づき、ある奸計をめぐらすが…。



■チャッピー■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment