ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

セッション

嵐を呼ぶ男(違)

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ギャガ (2015-10-21)
売り上げランキング: 76



ジャズ好きが揚げ足とったりして難癖つけたくなる内容とのことだけど、そういう楽しみ方じゃありません。
スポ根ドラマです!
そしてその師弟関係が「セッション」なところがミソ。
ラストのぶつかり合い、掛け合いはまさにセッションたらしめる展開!

ただでさえ音楽って感動するものなんですから、この映画を見て魂を揺さぶられることは至極必至!!

先回のアカデミー賞受賞作としては「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」もドラムが鳴り響いてたのが印象的でしたが、ドラムという楽器はリズムはもとよりアクション的にアツい躍動感があって良いよね。

(allcinema解説)
一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。主演は「21オーバー 最初の二日酔い」のマイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。
偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。それでも頂点を目指すためと、罵声や理不尽な仕打ちに耐え、フレッチャーのイジメのごとき指導に必死で食らいついていくニーマンだったが…。



■セッション■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment