ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

カリフォルニア・ダウン

大味なパニックものだけど(;´Д`)

crfnrdwn.jpg



こういう映画というのはわかってますが…
東日本大震災を経験して「揺れ」や「津波」はアッサリ鑑賞できない!
いままでのハリウッド大作ぽいところのパニックものは「はい、はい、はい、そうですね、こわいね」って見れたけど「地震」に関してはね…

で、この手の映画ではこうなっちゃうのは仕方ないんだけど、主人公周辺だけで その他の命はどうでもいいかのように切り捨てられる描写。

(あの震災で)「2万人が死んだ」んじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。(ビートたけし)
そんな言葉を噛みしめました(;´Д`)

日本のあの震災があってこそ作られた映画なのが明白で、津波を「TSUNAMI」と発音して言ってたところが印象にのこりました。

(allcinema解説)
「ワイルド・スピード SKY MISSION」のドウェイン・ジョンソン扮する救難ヘリ・パイロットが、巨大地震に見舞われたカリフォルニアで人命救助に奔走するディザスター・ムービー。共演はカーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ジアマッティ。監督は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」のブラッド・ペイトン。
ロサンジェルスの消防局で救難ヘリのパイロットとして活躍するレイ・ゲインズ。仕事に追われるあまり家族を顧みず、いまや妻エマとの関係はすっかり冷え切ってしまっていた。そんなある日、ネバダ州で大地震が発生、レイも救助活動へと向かう。ところが今度は、カリフォルニア州を縦断する巨大なサンアンドレアス断層が動き、巨大地震が一帯を襲う。ちょうどLA上空を飛行中だったレイは、高層ビルに取り残されたエマを電話で屋上へと誘導し、間一髪で助け出す。さらに、最愛の娘ブレイクを救出するため、サンフランシスコへと急行するレイだったが…。



■カリフォルニア・ダウン■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment