ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

洞窟オジさん 荒野の43年 / 加村一馬

新卒ホームレス!?





加村一馬
昭和21年8月31日群馬県大間々町生まれ。8人きょうだいの4男坊。13歳で家出をし、愛犬シロと足尾鉱山でヘビやカエルを食べ、生きる生活を選んだ。以来、43年間、栃木、新潟、福島、山梨、茨城を転々としながら人里離れた洞窟や山中のほら穴。ときには川っぺりなどでサバイバル生活を送ってきた。現在、インテリア内装業に就き、社会復帰を果たしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



10年くらい前の本ですが、テレビドラマ(NHKのサイトはこちら)の原作ということで読みました。
当時、こんなニュースあったけ?覚えてなかったけど(;´Д`)

しっかし、すごい「冒険譚」に感銘をうけました!
中学1年で家出してるんで「新卒ホームレス」というわけではないけど社会経験なしにホームレスだからすごい!

(amazon解説)
昭和35年、13歳の少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らしヘビやネズミ、コウモリに野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見されたとき、少年は57歳になっていた。実に43年にわたる驚愕のサバイバル生活。―これは現代のロビンソン・クルーソーの記録である。

■洞窟オジさん 荒野の43年 / 加村一馬■ (2004)

オキニイリ度

Comment

Add your comment