ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ヒトリコ / 額賀 澪

小学館文庫小説賞松本清張賞W受賞の快挙! 

ヒトリコ
ヒトリコ
posted with amazlet at 15.10.11
額賀 澪
小学館
売り上げランキング: 44,637


小学館文庫小説賞松本清張賞W受賞の快挙! 

ということで期待して読んだんだけどスイマセン。あまりパッとしなかったかな(;´Д`)
とくに期待していた部分、心を閉ざした少女とピアノを教える婆さんのハナシが何げに おざなりであった。
とはいえ冬季君なる男の子や、女生徒同士の軋轢など少女漫画にしたら上出来な印象。
表紙の印象で気づけよってハナシですな(^_^;)

(amazon解説)
深作日都子は小学5年生の時、教師から金魚を殺した濡れ衣を着せられ、熾烈ないじめの対象となった。そのときから日都子は、誰にも心を閉ざし、「みんな」には加わらない「ヒトリコ」として生きていく決心をする。
田舎の小学校の生徒達はそのまま中学校へ持ち上がる。ヒトリコの心の支えは、ピアノとピアノを教えてくれる偏屈なキューばあちゃんだけ。合唱の盛んな中学では生徒の間にカースト制度が生まれ、激しいいじめや陰口が横行する。「みんな」に属している限り生徒間の闘いは続く・・・。
地元の高校の入学式。小5で転校した冬希の姿がそこにあった。モンスターペアレントの母親との暮らしに疲れ切った冬希は、母親を棄て、父親の地元に戻ってきたのだった。何も変わらぬ故郷、仲間。ただ、一人だけ全く変わってしまった日都子の姿に冬希は驚く。そしてその原因が自分が飼い、置いてきた金魚と知り・・・。 
誰もの心に突き刺さる、青春の残酷さ、閉塞感・・・・・・。絶望的な孤独の末に見えてくるうっすらとした光。必ず誰もの心の奥の奥に入り込み、内側からあなたの心を揺さぶる、苦くて新しい青春小説です。

■ ヒトリコ / 額賀 澪  ■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment