ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

映画 暗殺教室

「アホ映画」(褒め言葉)

映画 暗殺教室 Blu-ray スタンダード・エディション
東宝 (2015-09-25)
売り上げランキング: 4,806




DVD鑑賞。
原作やアニメは人気あるみたいだけど、たぶんそのファンたちにはダメ出しされているであろうと推測。
主演の山田くんとかが見たいアイドルファン向けとも推測。
とくに先入観もなく見たオッサンは「アホ映画」と判断をくだしましたが(;´Д`)
コメディをもっとキョーレツにしたら「アホ映画」でも好きだったりしますがコレは中途半端ですな…
でも「アホ映画」はアホなんだからいいんです。
続編とか劇場で観るのはアホらしいとは思う(本音)

(allcinema解説)
松井優征の大ヒット・コミックスを実写映画化したエンタテインメント・ムービー。地球の破壊を宣言する謎のタコ型超生物“殺せんせー”と、担任となった彼の暗殺を託された落ちこぼれクラスの生徒たちが、意外にも教育熱心な殺せんせーの奇妙な授業を通じて互いに強い絆で結ばれ成長していく姿を描く。主演はHey! Say! JUMPの山田涼介。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。
有名進学校椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組。ある日、奇妙なタコ型の超生物が担任に就くことに。すでに月の7割を破壊した彼は、来年の3月には地球をも破壊すると予告していた。この危険生物を仕留めるために、これまでに幾度も暗殺が試みられてきたが、マッハ20で飛び回る相手に、いずれの作戦もことごとく失敗に終わっていた。そんな彼が、なぜかE組の担任を政府に希望したことから、潮田渚らE組の生徒たちに、この生物の暗殺という極秘任務が託される。やがて渚たちはこの生物を“殺せんせー”と名付け、あの手この手で暗殺を試みるのだったが…。



■映画 暗殺教室■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment