ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

思い出のマーニー

いまごろになって金曜ロードショーでみたw

思い出のマーニー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 322




これ、見なかったのはジブリの「西洋かぶれ」みたいなのが鼻についたから…
ていうか見たら「良かった」です。
スイマセン(;´Д`)
考えたら西洋かぶれは邦画で実写となると「魔女の宅急便」みたいにとんでもないのが出来てしまうと思うんでアニメで良い塩梅なのでしょう。
最後の種あかし前段階で画家の久子さんの話でオチがわかっちゃうねw
児童文学はミステリじゃないんでそのへんは勘弁したるわw
「おばさん」を「お母さんです」と紹介する瞬間がヨカッタ…

(allcinema解説)
「借りぐらしのアリエッティ」で長編デビューを飾った米林宏昌監督が、英国の名作児童文学を舞台を北海道に置き換えて映画化した感動の思春期ファンタジー。心を閉ざした多感な12歳の少女が、謎めいた同い年の少女と過ごすひと夏の不思議な思い出と心の成長を瑞々しく詩情あふれる筆致で綴る。また、これまでスタジオジブリを牽引してきた二枚看板、高畑勲、宮崎駿両監督が関わらない初めてのジブリ長編映画としても話題に。声の出演はWヒロインに高月彩良と有村架純、さらに松嶋菜々子、黒木瞳ら豪華キャストが脇を固める。
北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈。その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった。ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を育んでいく杏奈だったが…。



■思い出のマーニー■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment