ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

エンタテイメントの作り方 / 貴志祐介

ハウツー本?ですが作家を目指してなくても楽しめます。

エンタテインメントの作り方
貴志 祐介
KADOKAWA/角川学芸出版 (2015-08-26)
売り上げランキング: 13,927




子供の頃とか「漫画家入門」とかのハウツー本みたいなのも読んだ。
漫画だと「絵」による部分も大きいのですが、逆に現在の「ヲタク」的な感覚だとストーリーよりも「絵柄」ありきに感じますのでストーリーの勉強になると思います。
…って、べつに小説かきたいとか、漫画を描きたいとかじゃないんですが(´Д`;)

貴志祐介氏がどう考えて作品をつくっているのか、そういう視点で読んでおもしろかったですね!

(amazon解説)
読者を魅了する物語はどのようにして作られるのか? ホラー、ミステリ、SFで文芸賞を受賞し、『黒い家』『青の炎』『悪の教典』と年代を超えてミリオンセラーを出し続けるエンタメ・キングが手の内を明かす!

■エンタテイメントの作り方 / 貴志祐介■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment