ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ここは私たちのいない場所 / 白石一文

薄味ハルキスト

ここは私たちのいない場所
白石 一文
新潮社
売り上げランキング: 14,698



すこし儚げな…というか、なんというか。
村上春樹氏の小説の男性主人公みたいな感じが好きな読者にピッタリなんです。
前作の「神秘」(以前の記事)でもそういう雰囲気をもった主人公だった。
今回は薄い本だっただけにちょっと薄味だったけど(´Д`;)

(amazon解説)
芹澤は大手食品メーカーの役員。順風満帆な会社員人生を送ってきたが、三歳で命を落とした妹を哀しみ、結婚もしていない。ある日、芹澤は鴨原珠美という元部下と再会し、関係を持つ。それは珠美の策略であったのだが、彼女と会う時間は、諦観していた芹澤の人生に色彩をもたらし始めた。喪失を知るすべての人へ。光と救いに満ちた最新書き下ろし長編。

■ここは私たちのいない場所 /白石一文 ■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment