ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

きのうの影踏み / 辻村深月

フィクションとのノンフィクションが地続きなのがコワい..

きのうの影踏み (幽BOOKS)
辻村 深月
KADOKAWA/角川書店 (2015-09-26)
売り上げランキング: 13,656




ホラー短編集としては あまり まとまりのない体裁。
特筆すべきは実話として辻村さんの体験したハナシも含まれているところ(;゚Д゚)!
好きなジャンルなんで、楽しんで読みました。

(amazon解説)
子どもの頃、流行っていたおまじないは、嫌いな人、消したい人の名前を書いた紙を十円玉と一緒に十日間続けて賽銭箱に投げ込むことだった。ある日、子どもたちは消えた子どもについて相談していて……(「十円参り」)。あるホラー作家が語る謎のファンレターの話を聞きぞっとした。私のところにも少し違う同じような怪しい手紙が届いていたからだ。その手紙の主を追及するうちに次々と怪しいことが連続し……(「手紙の主」)。出産のため里帰りしていた町で聞いた怪しい占い師の噂。ある日、スーパーで見知らぬ老女を見かけた瞬間、その人だと直感し……(「私の町の占い師」)。
怪談専門誌『Mei(冥)』に連載した作品ほか、書き下ろしを収録した全13篇。人気絶頂の著者が、最も思い入れあるテーマに腕をふるった、エンターテインメントが誕生しました。

■きのうの影踏み / 辻村深月■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment