ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ジョーカー・ゲーム

亀梨ファン納得の出来ですね(?)

ジョーカー・ゲーム(DVD 通常版)
バップ (2015-08-12)
売り上げランキング: 24,485



実はひそかにFM795の亀梨くんのラジオ「ハングアウト」のリスナーだったりします。
店でラジオかけてるんでつい聴いてるんですが(^_^;)
亀梨くんの誠実な感じはなかなか良い男ではないかと…

で、この映画もなんとなく観てみたいなと思ってたのでDVDで鑑賞。
なかなかスパイアクションとしてエンタメ全開!
邦画の残念な迫力を差し引いても亀梨くんはがんばってました。
深キョンは憎めないキャラクターなのであの程度の頑張りでも僕はいいと思います(;´Д`)

おもしろかったですよ!

邦画アクションのダメな雰囲気ってのは演出やその他に問題がある気がしますね。

(allcinema解説)
第二次大戦前夜に“魔王”の異名を持つ元スパイが設立した秘密組織“D機関”の暗躍を描いた人気作家・柳広司の同名連作短編集を、「SR サイタマノラッパー」「日々ロック」の入江悠監督で映画化したスパイ・アクション。主演は「映画 妖怪人間ベム」の亀梨和也、共演に伊勢谷友介、深田恭子。
上官の命令に背き、軍法会議で死刑を宣告されたその青年は、命を落とす直前に結城と名乗る謎の男に助けられる。結城の目的は、彼が設立したスパイ養成学校“D機関”に青年をスカウトすることだった。青年は過酷な訓練を経て、やがて“嘉藤”という名を与えられると、ついに初めてのミッションを命じられる。それは、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使グラハムが隠し持つ、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪い取れというものだったが…。



■ジョーカー・ゲーム■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment