ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

あこがれ / 川上未映子

「赤ずきんちゃん気をつけて」(以前の記事)よりもCOOL!ブラボー!


あこがれ
あこがれ
posted with amazlet at 15.11.12
川上 未映子
新潮社
売り上げランキング: 2,540




まず冒頭の1ページ(参照)を何度も読み返しました。
かっこいい!
クール!
この本を「抱きしめたい」という感想が言い得てる気がします。

2篇で1冊の単行本になってますが「ミス・アイスサンドイッチ」が素晴らしすぎる!
つづく「苺ジャムから苺をひけば」はもっと分かりやすい児童小説寄りになっています。

そうなんですよ。
川上未映子さんの作品は「大人の読者に物足りない」という感想を目にしたことがあるんですが、違うんですね。
「ミス・アイスサンドイッチ」に関していえば、たぶんこの語り口調というか筆舌を小学生が書いていると表現しているのではないのです。
たぶん「こう考えている」ということを書いてるわけです。
あたりまえだけどw
でもそう表現するときにどこを削ぎ落とすか、膨らませるかの加減の手法がクールなんです。
幼さに涙目になって読み、共感しちゃうんですね。
すばらしいです!
全力でオススメです!

(amazon解説)
みんな遠くへ行ってしまう。本当の自分を知っているのにね――。四年ぶりの長篇小説! 麦彦とヘガティー、思春期直前の二人が、脆くはかない殻のようなイノセンスを抱えて全力で走り抜ける。この不条理に満ちた世界を――。サンドイッチ売り場の奇妙な女性、まだ見ぬ家族……さまざまな〈あこがれ〉の対象を持ちながら必死で生きる少年少女のぎりぎりのユートピアを繊細かつ強靭無比な筆力で描き尽くす感動作。

■あこがれ / 川上未映子■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment