ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

映画 ビリギャル

わかってて観るというのも(;´Д`)

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
東宝 (2015-11-18)
売り上げランキング: 230



もうさんざん番宣で見たし。結果わかってる内容を映画でみてもしょうもないと思ってたんだけど鑑賞…

有村架純をみる映画ではあるけれど、伊藤淳史や、父親役や母親役の人(失念失礼)なんかも見所がありました。

(allcinema解説)
学習塾の塾長を務める坪田信貴の体験談を綴ったベストセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を、TV「あまちゃん」、「ストロボ・エッジ」の有村架純主演で映画化した青春ドラマ。共演は伊藤淳史、野村周平、吉田羊、田中哲司。監督は「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」の土井裕泰。
中高大一貫私立学校の高校2年生、工藤さやか。中学入学以来、ギャル仲間と遊びに耽り全く勉強をなかったので、ついに成績は学年ビリに。心配した母親が学習塾に通わせると、なんと彼女の学力は小4レベルと判明。彼女を受け持つことになった塾講師の坪田も困惑を隠せない。それでも第一志望をノリで慶應大学と宣言したさやかに対し、巧みな指導でやる気を引き出し、徐々に本気にさせていく。こうして絶対不可能と思われた慶應大学合格を目指し、二人三脚の受験勉強が始まるが…。



■映画 ビリギャル■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment