ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ストレイヤーズ・クロニクル

ロマンスが有り余る?

ストレイヤーズ・クロニクル Blu-ray
バップ (2015-11-04)
売り上げランキング: 4,910




超能力少年少女の戦い!
どうでもいいハナシであるが寄生獣が好演だった染谷将太が見たいので鑑賞。
まぁアレです(;´Д`)
アクションを楽しめればいいんじゃないでしょうか。

ロマンスは有り余ってました…

(allcinema解説)
人気作家・本多孝好の同名小説を「プリンセス トヨトミ」「宇宙兄弟」の岡田将生主演で映画化したサスペンス・アクション。極秘機関によって育てられた超能力者たちが自らの宿命に葛藤しながらも、同じように特殊な能力を有し、世界への復讐を目論む勢力と壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。共演は染谷将太。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「アントキノイノチ」の瀬々敬久。
1990年代初め、ある極秘機関による実験によって進化した特殊能力を持つ子どもたちが誕生した。彼らはその特殊能力の代償として若くして死んでしまう宿命にあった。成長した彼らは“超視覚”を持つ昂をリーダーとするチームを組み、互いに強い絆で結ばれていた。ある日、そんな彼らの前に、“アゲハ”と名乗る別の特殊能力者チームが現われる。学をリーダーとする彼らは、自らの宿命に絶望し、全てを破壊しようと目論んでいた。未来への希望を持ち続ける昂たちは、アゲハを阻止すべく立ち上がるが…。



■ストレイヤーズ・クロニクル■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment