ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

予告犯

折り方?しってるよ。コレでいい?(違)

映画 「予告犯」 (通常版) [Blu-ray]
TCエンタテインメント (2015-12-04)
売り上げランキング: 3,025




まったく内容をしらずに鑑賞。
思ってたよりも楽しめましたよ♪

フリーター、非正規雇用形態、経済格差、これからの若者には起こりうる問題を扱ってると感じた。
少々、そういう底辺層に肩入れしすぎ、甘やかし感もあるけれど、こういう悲しみを扱っていることに意義を感じました。
漫画が原作とのことですが、なかなか鋭いですね。

(allcinema解説)
筒井哲也の同名人気コミックスを「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督で実写映画化したクライム・サスペンス。ネットで犯行予告動画を公開し、社会の不正義に対する私的制裁を繰り返す謎の男と、それを追う警視庁サイバー犯罪対策課の女性捜査官の緊迫の攻防をスリリングに描く。主演は「脳男」の生田斗真と「SPEC」シリーズの戸田恵梨香。共演に鈴木亮平、濱田岳、荒川良々。
ある日、新聞紙を被った男がネット上で、集団食中毒を起こした食品加工会社に対する制裁を予告する。翌日、確かにそれは実行された。その後も、法律では裁かれない不正義に対する制裁の予告とその実行が繰り返され、マスコミも巻き込んで社会現象化していく。ネット犯罪を取り締まる警視庁サイバー犯罪対策課の吉野絵里香は、通称“シンブンシ”と呼ばれるこの予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける。そしてシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることを突き止める絵里香だったが…。



■予告犯■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment