ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

イニシエーション・ラブ

原作よりも親切な答え合わせ付きw

イニシエーション・ラブ Blu-ray
バップ (2015-12-02)
売り上げランキング: 1,262




どのように映像化されてたのか、種明かしはどうするのか、興味深く鑑賞w
なるほど~。「痩せた」というトリックがすべてww
分かって見てても おもしろいですね。
コレ、けっきょく前田敦子がどういう魔性の女なのかが楽しめましたね。
映画版はこのあとどういう修羅場があるのか いらん心配が出てきてしまいますね(;´Д`)
おみごと!

でも、原作のほうが良い出来ですけどね。
カセットのA,B面、ヒット曲の曲目のタイトルの章、ミスリードだけで種明かしは「無い」など、etc

おもしろかったんで、ギリギリですが2015年のベストに入れようかな…

(allcinema解説)
巧みな叙述トリックで評判を呼んだ乾くるみの同名ベストセラーを「20世紀少年」「SPEC」の堤幸彦監督が、“映像化不可能”と言われた原作とは異なるエンディングで映画化したラブ・ミステリー。出演は松田翔太、前田敦子、木村文乃。【Side-A】バブル最盛期の1980年代後半、静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、気乗りしないまま参加した合コンで、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。鈴木はマユに釣り合う男になりたいと自分を磨いていくが…。【Side-B】就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、マユとは遠距離恋愛に。やがて東京本社の同僚・美弥子に心惹かれていく鈴木だったが…。



■イニシエーション・ラブ■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment