ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ザ・ウォーク

行ったり来たり「もうやめて~(;´Д`)!」(高所恐怖症のこわいもの見たさ)

walk.jpg



こういうドキュメンタリを再現映画で制作する醍醐味は?
…と思ってますが、本作は予告編で見て何かが「ビビビッ」ときて鑑賞してきました。
今は亡き「世界貿易センタービル」ですよ!
ゲリラ的にやってたのかと思いきやなかなか周到な計画があってそこから見ていくと達成感まで共有できる感覚が映画の見どころ。
ドキドキしながら楽しめました!

(allcinema解説)
2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれた曲芸師フィリップ・プティの偉大な挑戦を、「フォレスト・ガンプ/一期一会」「フライト」のロバート・ゼメキス監督が迫力の3D映像で実写映画化した伝記ドラマ。主演は「(500)日のサマー」「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、共演にベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール。
少年時代に綱渡りに魅せられ、以来、独学でその技術を磨いてきた青年、フィリップ・プティ。彼にとって綱渡りとはアートであり、自己表現の方法だった。そんな自らの欲求を満たしてくれる舞台を求めていた彼は、エッフェル塔を抜いて世界一の高さになるというニューヨークのツインタワー建設の記事を目にする。その瞬間、この地上110階、高さ411mのワールドトレードセンターで綱渡りをしたいとの欲望に取り憑かれたプティ。さっそく大道芸人仲間のアニーをはじめ、この壮大な夢を共有してくれる仲間を集め、入念な準備に取りかかるプティだったが…。

■ザ・ウォーク■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment