ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ザ・ガンマン

アクションという演技

gunman.jpg



ショーン・ペン。
名優だと思う。
「芸達者」な感じで「演技」は誰もが認めるところ。
とくに難しい役どころやクセのある役を好んで演じているように思う。
そういえば「本格アクション俳優」として「演技」してた覚えがない。
アクション映画とかだと演技を軽んじられる気がするのは否めないのかな。

この種のアクション映画としてやはり出来は月並みになってしまってるけど、楽しめました!
こんなもんで良いんじゃないでしょうか?

(allcinema解説)
アカデミー賞を2度獲得しているハリウッドを代表する演技派ショーン・ペンが本格アクションに初挑戦して贈るサスペンス・アクション。ジャン=パトリック・マンシェットの『眠りなき狙撃者』を82年の「最後の標的」に続いて再映画化。共演はハビエル・バルデム、イドリス・エルバ、レイ・ウィンストン、ジャスミン・トリンカ。監督は「96時間」「パリより愛をこめて」のピエール・モレル。
アフリカのコンゴ共和国で大臣の暗殺という極秘任務を遂行した特殊部隊の傭兵ジム・テリア。謎のクライアントとの仲介者フェリックスから、そのまま国外へ逃亡するよう命じられ、愛する恋人アニーとの悲しい別離を余儀なくされる。8年後、身を潜めて暮らしてきたジムは、NGOのメンバーとしてアフリカに舞い戻り、慈善活動に精を出していた。そんなある日、武装した男たちの襲撃を受ける。男たちを返り討ちにしたジムは、自分を狙った敵の正体を突き止めるべく行動を開始するが…。



■ザ・ガンマン■ (2015)

オキニイリ度

Comment

Add your comment