ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

カエルの楽園 / 百田尚樹

「ハンドレッド」は百田さんでしょ(笑)

カエルの楽園
カエルの楽園
posted with amazlet at 16.04.01
百田尚樹
新潮社
売り上げランキング: 12





日本の問題点や矛盾点を童話タッチで「カエル」の社会におきかえて風刺している。
憲法改正問題を軸に、国会の様子、アメリカとの関わり方や、少子高齢化、平和ボケした若者w、おまけに随分と叩かれてすっかり偏屈キャラに変貌した自身とおもわれるキャラも登場するw
国という枠組みも危ういのではないかという憂いが感じられました。
絶好調だったころの筒井康隆なみに おもしろかったです。

(amazon解説)
最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

■カエルの楽園 / 百田尚樹■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment