ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

さざなみ

 

哀しくてジェラシー(違)

 

45years.jpg 



みどころ… 
45年という結婚生活があって尚、嫉妬するということついて見ていきましょう。 
この感情はどこからくるのか、それを見ていきます。 
過去は美化する側面もあるし、現在の老いを考えると何かとても哀しい気分になるのです。 

 シャーロット・ランプリングの引いたショットは脚線が綺麗で70歳とは思えないですね♫ 
そこも見ていただきたい。

「愛の嵐」「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリングと「長距離ランナーの孤独」「ドレッサー」のトム・コートネイの共演で贈る辛口の夫婦ドラマ。
今は亡き夫のかつての恋人の存在が突然浮かび上がってきたことで、思いがけず心をかき乱される妻の葛藤と、亀裂が生まれた夫婦の愛の行方を繊細なタッチで描き出す。監督は、これが長編3作目のアンドリュー・ヘイ。 
 イギリスの片田舎で穏やかな毎日を送る老夫婦のジェフとケイト。5日後に結婚45周年の記念パーティを控える中、スイスの警察から1通の手紙が届く。それは、50年前にジェフと登山中にクレパスに転落して亡くなった当時の恋人カチャの遺体が、昔のままの状態で発見されたことを知らせるものだった。以来、ジェフはカチャへの愛の記憶に浸っていく。最初は自分と出会う前の話と平静を装っていたケイトも、“彼女と結婚するつもりだった”と悪びれることなく口にする夫に次第に不信感を募らせ、いつしかそれはこれまで積み重ねてきた45年間の結婚生活にも向けられていくのだったが…。


■さざなみ■ (2015) 

 オキニイリ度  

Comment

Add your comment