ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

教場 2 / 長岡 弘樹

前作(以前の記事)がおもしろかったので..

教場2
教場2
posted with amazlet at 16.05.13
長岡 弘樹
小学館
売り上げランキング: 71,446




短編になっていて「どんでん返し」的なオチがつくのでおもしろいシリーズ。
もう連続ドラマの原作になりうるくらいにエピソードが溜まっているのでテレビドラマ化しそう(笑)

(amazon解説)
週刊文春「2013年ミステリー部門」第一位に輝き、2014年本屋大賞にもノミネートされ、警察小説に新機軸を打ち出したベストセラー、いよいよ続編登場!もちろん、白髪隻眼の教官・風間公親は健在!
●第一話 創傷(そうしょう)
初任科第百期短期課程の桐沢篤は、風間教場に編入された不運を呪っていた。医師から警察官に転職した桐沢は、ゴールデンウイーク明けに最初の洗礼を受ける。
●第二話 心眼
風間教場では、備品の盗難が相次いでいた。盗まれたのは、PCのマウス、ファーストミット、マレット(木琴を叩く枹)。単独では使い道のないものばかりだ。
●第三話 罰則
津木田卓は、プールでの救助訓練が嫌でたまらなかった。教官の貞方は屈強な体格のスパルタ教師で、特に潜水の練習はきつい。本気で殺されると思ってしまうほどだ。
●第四話 敬慕
菱沼羽津希は、自分のことを初任科第百期短期課程のなかでも特別な存在だと思っている。広告塔として白羽の矢が立つのは、容姿に秀でている自分なのだ。
●第五話 机上
仁志川鴻は、将来の配属先として刑事課強行犯係を強く希望している。元刑事だという教官の風間には、殺人捜査の模擬実習を提案しているところだ。
●第六話 奉職
警察学校時代の成績は、昇進や昇級、人事異動等ことあるごとに参照される。美浦亮真は、同期で親友の桐沢篤が総代候補と目されるなか、大きな試練に直面していた。

■教場 2 / 長岡 弘樹 ■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment