ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

小説王 / 早見和真

実際、図書館でかりてます。すいません(^_^;)

小説王
小説王
posted with amazlet at 16.06.24
早見 和真
小学館
売り上げランキング: 27,577




おもしろかった。
小説家が安定した収入を得るには連載があったほうがいいというのはわかる。
週刊誌や新聞などにも連載は載ってるけどあれを目当てに雑誌や新聞を買ってるわけでもないし読んでる人なんか居ない気がします。
連載小説の月刊誌はどんどん休刊、廃刊の憂目に…
漫画雑誌と違うところですよねココの部分って(;´Д`)
WEB小説にシフトする時代とも言われて久しいですがまだ方向性はわからないですね。

ただ「物語は必要」というのには諸手を挙げて同意です。
面白かった。

(amazon解説)
文芸冬の時代に放つ激熱エンタテインメント 
大手出版社の文芸編集者・俊太郎と、華々しいデビューを飾ったものの鳴かず飛ばずの作家・豊隆は幼馴染みだった。いつか仕事を。そう約束したが、編集長の交代などで、企画すら具体的にならないまま時間だけが過ぎていく。やがて、俊太郎の所属する文芸誌は存続を危ぶまれ、豊隆は生活すら危うい状況に追い込まれる。そんな中、俊太郎は起死回生の一手を思いつく。三流編集者と売れない作家が、出版界にしかけた壮大なケンカの行方は!?
小説の役割は終わったのか? 「STORY BOX」連載時から、作家・編集者・書店員の方々をざわつかせた問題作がついに刊行。小説をめぐる、男たちの熱きドラマ! 『イノセント・デイズ』『95』で大注目の作家が、文芸冬の時代に放つ、激熱のエンタテインメント!!

■小説王 / 早見和真■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment