ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ピンクとグレー

先入観なしに初めて観ると楽しめます

ピンクとグレー DVD スタンダード・エディション
KADOKAWA / 角川書店 (2016-07-08)
売り上げランキング: 1,296



ネタバレ口外禁止な仕掛けアリの映画。
2時間の上映の半分位でグレーに切り替わります。
序盤のダメダメな青春映画も 「そういうことならアリか」と納得。
ミステリーの答え合わせも同期もパッとしない気もしますが不条理だと思うといい味出てるのかな…
まったく情報を仕入れずに先入観なしに1回目みたら楽しめる映画…という作りですね。

(allcinema解説)
アイドルとして活躍する一方、小説家としても高い評価を受ける加藤シゲアキの処女作を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。主演はHey! Say! JUMPの中島裕翔と「そこのみにて光輝く」の菅田将暉。共演に夏帆、小林涼子、岸井ゆきの。関西から埼玉に引っ越してきた小学生の河田大貴は、同級生の真吾とサリーと出会い友情を育んでいく。高校生となった大貴と真吾は芸能界の道へと進み、やがて真吾は新進俳優の白木蓮吾としてスター街道を突き進む。蓮吾との格差を痛感し、苛立ちを募らせる大貴。そんな中、蓮吾は突然、自殺してしまう。第一発見者となった大貴のもとには6通の遺書が残されていた。これを境に、大貴の運命も大きく変わっていくのだったが…。



■ピンクとグレー■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment