ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

海月姫

「のん」 ってダレ?

海月姫 <2枚組> [Blu-ray]
海月姫 <2枚組> [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.08.14
Happinet(SB)(D) (2015-07-02)
売り上げランキング: 4,878



コミックからアニメ化で好評というけど期待しないで観ました。Amazonプライムだし(;´Д`)

そういえば「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈が最近になって芸名が変わったというニュースを聞きましたね。
彼女の近年の話題がなかったのですが何か泥臭い大人の事情があったわけですね?
半ば冷やかなニュースの報じ方を感じました(・・;)

言われてみれば すでに本作の制作年の2014にはパッとしなかった能年玲奈ですが…やっぱりパッとしない感じ。
菅田将暉の女装がなかなかカワイイw
この映画版のみどころは菅田将暉でしょうホントo(゚Д゚)!

(allcinema解説)
TVアニメ版も好評を博した東村アキコの同名人気少女コミックスをTV「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化した痛快シンデレラ・ストーリー。オタク女子の巣窟と化した男子禁制の古いアパートに暮らす女子力ゼロのヒロインが、突如現われた女装美男子と童貞エリートの兄弟との出会いをきっかけに、初めての恋や地上げ騒動といった試練に立ち向かい、悪戦苦闘しながら成長していく姿をコミカルに綴る。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「映画 ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐。
イラストレーターを目指して鹿児島から上京したクラゲ命の女子、倉下月海。彼女の住む男子禁制のアパート“天水館”には、他にも鉄道オタクや三国志オタクといった個性あふれるオタク女子が集っていた。彼女たちは自ら“尼~ず”を名乗り、“男を必要としない人生”をモットーに、己のオタク道を極めることにエネルギーの全てを注ぐ生活を送っていた。極度に人見知りの月海も、そんな男っ気ゼロの住人に囲まれ、恋やオシャレと無縁のお気楽で居心地いい毎日を過ごしていた。そんなある日、ひょんな出会いから、まるで美女にしか見えない女装男子・鯉淵蔵之介と知り合いに。蔵之介は月海の女子力を磨くことに楽しさを覚え、すっかり天水館に入り浸るようになる。そんな中、尼~ずの聖地にして最後の砦=天水館が地上げによる取り壊しの危機に直面してしまう。



■海月姫■ (2014)

オキニイリ度

Comment

Add your comment