ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

東京會舘とわたし(上)旧館 (下)新館 / 辻村深月

直木賞とわたし

東京會舘とわたし(上)旧館
辻村深月
毎日新聞出版 (2016-07-30)
売り上げランキング: 15,706


東京會舘とわたし(下)新館
辻村深月
毎日新聞出版 (2016-07-30)
売り上げランキング: 19,372



「直木賞の時に帰ってきます」
あの日、この場所で交わした約束があった。渾身の感動長編、堂々の完結。
辻村深月が本当に書きたかった物語! 

なるほど。
これは石ノ森章太郎の「ホテル」みたい。
そして実際のノンフィクションとフィクションを織り交ぜた「いい話」

ページ数のわりに上下巻に分けるところなど「儲け主義」と思って読んでみたらコレは上下巻に分けた意味も納得。
面白かったです。

(allcinema解説)
(上)海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー…“會舘の人々”が織り成すドラマが、読者の心に灯をともす。大正十一年、丸の内に誕生した国際社交場・東京會舘。“建物の記憶”が今、甦る。激動の時代を生きた人々を描く。直木賞作家の傑作長編小説!

(下)
緊張で肩を震わす舞台女優、東日本大震災の日、直木賞受賞を知らされた青年…優しさと慈しみに満ちた物語は、ついに終章へ。

■東京會舘とわたし(上)旧館 (下)新館 / 辻村深月■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment