ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

ファインディング・ドリー

大ヒット作の13年ぶりの続編

ファインディング・ドリー (吹替版)
(2016-11-15)
売り上げランキング: 134



続編は前作の直後という設定。
インデペンデンスデイじゃないんだから時系列、「あれから13年」ってわけにいかないよね?魚だし(爆)

ドリーのキャラで1作できました的な感じ。
わすれんぼうなドリー.....とかそんな軽い感じじゃなくて、なんか認知症みたいな障害をもってるような印象でかわいそうになっちゃう(;´Д`)

楽しい作品ではありますが、普通に笑ってられません!

(allcinema解説)
2003年の大ヒット・ピクサー・アニメ「ファインディング・ニモ」の続編。ニモの親友で忘れんぼうのナンヨウハギ“ドリー”が唯一忘れなかった家族の思い出を頼りに、仲間たちとともに両親を探す大冒険を繰り広げるさま描く。ドリーの声は前作に引き続きエレン・デジェネレスが務める。監督も引き続きアンドリュー・スタントン。
カクレクマノミのニモは故郷のグレート・バリア・リーフで、心配性の父マーリンと、大親友のドリーと楽しい毎日を送っていた。そんなある日、何でもすぐに忘れてしまうドリーが、ひょんなことから幼い頃の記憶を取り戻す。それは離ればなれになってしまった家族との思い出。すぐに会いに行かなきゃと、いても立てもいられないドリー。わずかな手がかりを頼りにカリフォルニアの海へと旅立つ。そんなドリーを放っておけず、ニモとマーリンも一緒にカリフォルニアを目指すが…。



■ファインディング・ドリー■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment