ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

御嶽山噴火生還者の証言 / 小川さゆり

たぶん今年も草津白根経由で渋峠あたり行きますけども…

御嶽山噴火 生還者の証言 あれから2年、伝え繋ぐ共生への試み (ヤマケイ新書)
小川 さゆり
山と渓谷社 (2016-09-16)
売り上げランキング: 25,191



衝撃のニュースとして記憶していました。
あのとき御嶽山に居合わせた山岳ガイドである筆者が語る内容として、非常に興味深く読みました。

どんな思いで逃げ惑ったのか..

はたして「運が悪かった」ということでいいのでしょうか?
筆者が言わんとしていることがヒシヒシと伝わってきます…

火山を登る覚悟(?)
山ヤ、登山者でなくともサイクリストとて同じことですね(;´Д`)

(amazon解説)
頂上直下で被災した山岳ガイドが綴る、懸命の脱出行とそこから得られた教訓、そして、伝えることの大切さ。 

御嶽山大噴火の生還者で山岳ガイド 小川さゆり氏が、噴火の模様を時系列で克明に記したドキュメントとその後の検証、得られた教訓などを中心にして執筆。 噴火から丸2年、3年目を迎えて、あの御嶽山噴火を多角的に検証した貴重なノンフィクション。 

2014年9月27日午前11時52分、御嶽山が突然、大噴火した。9月最後の土曜日、素晴らしい好天と絶好の紅葉シーズン、そして大勢の登山者でにぎわう昼どきの最もゆったりした時間帯での突然の大噴火だった。死者58人、現在も5人の行方不明者を出している戦後最悪の事故となってしまった。 
頂上直下で被災した山岳ガイドの小川さゆり氏もそのひとりで、わずかな時間のすきをついての懸命の脱出だった。 

その事故からまる2年、彼女はその後も機会があるごとに、講演会などで悲惨な噴火の状況をを報告しながら、いまだにあの事故はなんだったのか、自らに問いかけ続けている。 
本書は、同じ境遇に立たされた生還者たちの証言を交えながら、時系列で噴火の詳細を追った第1章「運命の一日」、専門家の考察を交えながら、客観的な視点からあの御嶽山の噴火に迫った第2章「噴火の実態」、捜索と報道、生存者と遺族の心の葛藤などを描いた第3章「噴火の影響」、そして生死の境を分けた現実や、登山者の意識などを考察した第4章「噴火の教訓」などからなるノンフィクションである。 

噴火を風化させないためにも、事故のすべての顛末を明らかにしようと試みた渾身の一冊となっている。

■御嶽山噴火生還者の証言 / 小川さゆり■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment