ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

か「」く「」し「」ご「」と「」 / 住野 よる

「」「」「」「」「」

か「」く「」し「」ご「」と「
住野 よる
新潮社
売り上げランキング: 1,827




特殊能力をそれぞれもっているのを「かくしている」のか…
作者さんの作品は「膵臓」とコレで2冊目。
ペンネームといい、「膵臓を食べたい」というタイトルも、インパクト勝負な人との印象。
膵臓の主人公の名前のシーケンス、本作でもそういう何か取り決めた様式で組み立てていくというやり方、アイデア。
他に読んでない僕ごときの感想ですが、ストーリーテリングよりもアイデアやインパクト勝負な感じですな(^_^;)
これってもっと尖ってれば芥川賞作家に通ずるとも思うんですが…

(amazon解説)
きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の著者が贈る、眩しくて時に切ない、共感度 1の青春小説!

■か「」く「」し「」ご「」と「」 / 住野 よる■ (2016)

オキニイリ度

Comment

Add your comment